船舶代理店業

1年に数回ですが、海外売船される船舶の代理業務をさせてもらうことがあります。

船主、代理店、船長・船員の国籍などがいつも違いますので、毎回新鮮で楽しいです。

今回は韓国釜山向けで韓国人船員4名、しかも英語が喋れるというコミュニケーションが

比較的取りやすいケースでした。

仕事上、韓国人とはいつも接しているので問題はありません。

 

船員さんを出国手続きに連れて行ったとき、足元がグラグラ、

地震かなと思ったけど他の人は誰も反応していない。

おかしいな~、熱でも出たのかなと思ったら、ただの船酔いでした。

停泊中の船に少し乗っただけでこれです。

私は船員には絶対なれません。

 

今回もイレギュラーなことがありましたが、なんとか出港していきました。

出港時はいつも事故なく目的地に到着することを祈ってます。

 

 

 

 

 

 

 


2018年2月9日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です