第一水産ブログ(お知らせや物流情報を不定期発信中です)

  •  

     

     

     

     

     

    財務省貿易統計を見ると、

    2018年日本から中国向け生鮮クロマグロの輸出金額は、ついに10億円を突破しました。

     

    重量(KG) 輸出金額(千円)
    2013年 38,327 ¥154,761
    2014年 71,345 ¥261,448
    2015年 110,639 ¥419,714
    2016年 156,629 ¥595,897
    2017年 214,679 ¥757,387
    2018年 328,882 ¥1,094,400

    (※財務省貿易統計0302.35-100、0302.35-200)

     

    こんなに伸びているのに、残念ながら当社の扱い(輸出通関)は全くありません。

    ほとんどが飛行機で輸出されています。

    しかし、2018年12月には下関で800kgではありますが、船積みされたようです。

    中国向け生鮮マグロ輸出

     

    以前のブログにも載せましたが、

    過去の記事:中国向け鮮魚輸出

    下記の石島港向けコンテナ輸送手配は当社も可能です。

    下関港 → 釜山港 → 群山港 → 石島港(約37時間)

    博多港 → 釜山港 → 群山港 → 石島港(約45時間)

     

    どなたか下関港、博多港から生鮮クロマグロを輸出しませんか??

     

     

  • 何かおかしいなぁ。

    良くないNEWSが次々と降りかかってきているような…。

     

    WTO敗訴

    原発事故以前は下関港・博多港経由で輸出していた宮城産の活ホヤ、

    復活は絶望的。

     

    噴火湾(北海道)ホタテ大量死

    下関港・博多港経由で韓国向けに輸出されている北海道産の活ホタテ。

    年間約5,000㌧以上輸出されています。

    当社の輸出通関の主力商品、今期は大量死の影響が出るのではないかと戦々恐々。

     

    日韓関係最悪

    仕事上韓国との付き合いも長いですが、ここまで関係が悪いと感じることも初めてです。

    商売へのは影響はないとは言いえない状況。

     

    港湾ストライキ

    労働者に認められた権利なのはよく分かっています。

    生きたもの、生鮮の商品を扱っていると沿岸荷役が

    できないかもしれないという話だけで致命的。

     

    関釜フェリー(SEONG HEE)運休

    SEONG HEE機関故障のため1ヶ月半ぐらい運休していました。(4/15から再開)

    船会社あっての通関業者なので、商売的には大ダメージ。

     

    ⑥GW10連休

    驚異の10連休。

    税関以外のお役所は基本的にお休みなので、通常のようには輸出入通関できません。

    輸出の原産地証明書(水産庁、北海道庁)も発行されないため、

    韓国は平日ですが、活ホタテ(北海道産)などの流通はストップ。

     

    まだ書けない内容もありますが、

    これらをどのように乗り越えたのかを来年の今頃確認したい。

     

     

     

     

     

     

     

     

    愚痴と覚書でした。

     

  • 今期は70期目になります。

    変わらぬご愛顧をよろしくお願いします。

     

    新年度早々東京に出張に行かせてもらいました。

    お客様に直接お会いする機会は少ないのでこういった機会は大切にしたいです。

    毎回思いますが刺激のある街ですね~。

    空いた時間に皇居や銀座をウロチョロ。

    美味しいお酒もごちそうになりました。

    ありがとうございました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    また気まぐれにブログもアップします。

     

     

1 2 3 4 5 6 18