WTO紛争

韓国による日本産水産物等の輸入規制に関するWTOパネル報告書の公表(水産庁

今年中には何らかの動きがありそうですね。

 

下関港から韓国向けにたくさんの生鮮水産物が輸出されています。

北海道産のスケソウダラや和歌山県産などの太刀魚がメインですが、

旧正月前は下関に水揚げされたレンコダイやアカエイなども輸出されています。

 

 

原発事故後、激減しましたがそれでも2016年度で6,828t(約36億円)輸出されています。

生鮮水産物(0302魚(生鮮のもの及び冷蔵されたものに限る))輸出量、金額ともに日本一です。

 

 

2016年度
輸出国別 TOP10 税関別(韓国向け)
輸出国 重量(KG) 金額(千円) 税関名 重量(KG) 金額(千円)
1 韓国 6,985,887 ¥3,738,384 下関 6,828,153 ¥3,692,466
2 ロシア 3,176,246 ¥198,778 石狩 97,449 ¥28,187
3 グアム 1,573,257 ¥966,015 大阪 26,780 ¥8,446
4 アメリカ 1,108,900 ¥1,997,932 苫小牧 27,200 ¥7,094
5 香港 661,136 ¥1,204,298 博多 6,237 ¥1,959
6 中国 349,165 ¥929,384 福岡空港 68 ¥232
7 台湾 337,053 ¥399,658 合計 6,985,887 ¥3,738,384
8 タイ 66,495 ¥123,016
9 シンガポール 57,906 ¥133,839
10 マレーシア 45,227 ¥78,860

 

韓国は水産物等の輸入に関して、

①8県産(青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉)の全ての水産物の輸入を禁止。

②輸出される水産物はすべて原産地証明書の添付が義務付け。

③8県産(北海道、東京、神奈川、愛知、三重、愛媛、熊本、鹿児島)は放射能検査証明書が必要。

こんな規制があります。

輸出通関以外に②③の代理申請も当社は行っています。

 

このニュースは我々の仕事には大きな影響がありますので、今後も注視していきます。


2018年2月27日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です